社会人経験無し!未経験でも正社員に就職する方法 TOPページ > 履歴書・職務経歴書 > フリーター 志望動機の作り方のコツ

フリーターの志望動機の作り方について

フリーターから正社員を目指す際の志望動機

フリーターの志望動機の作り方ですが、企業の側としては人間性や性格、仕事への意欲を知りたいと思うはずです。

フリーターに職歴は期待していませんし、それよりも入社後にどのような活躍をしてくれるのか、協調性やコミュニケーション力に問題はないかを確認する傾向にありますね。

そう考えると、志望動機の作り方も自然に見えてきますよね

背伸びした自分を演じても、企業の採用担当者は見抜きますので、まずは等身大の自分がどのように御社に貢献できるかどうかを考えると良いでしょう。

そのためには履歴書を送る企業の研究はもちろん、就職したいと考えている業界の研究も欠かせません。その業界で必要とされる資格があればチャレンジしても良いですし、『勉強を続けています』という意欲も志望動機に含められるのではないでしょうか?

あとは、なぜその会社を志望しているのか? 他にも色々な会社がある中で、なぜその企業なのか? を真剣に考えて下さいね。

会社の人事部で採用担当を行っている方に話を聞くと、「履歴書には志願者の人間性が反映される」と言います。

どんなに取りつくろっても、ちょっとした言葉遣い、文章表現で見抜かれてしまうんですよね。だとすれば、履歴書の志望動機や自己PRに思いを込めれば、それも自然に採用担当者・面接担当官に伝わるのではないでしょうか?

もちろん客観的に説得力がある志望動機にすることは前提です。

あまりに主観的で、自分のことばかり書いている履歴書は、逆効果になりますからね。あくまでも相手の気持ちを考えた上で、その会社に勤めたい、正社員になりたい情熱を志望動機として記すと良いでしょう。

より良い方法としては、作成した履歴書を第三者に見てもらうことです。

身近な人間に見せるのは恥ずかしくても、就職・転職サポートのプロには自然に見せられるかもしれませんね

コンサルティング型の人材紹介サービスを利用することで、履歴書の書き方アドバイスも受けられますので、そのようなサービスを積極的に利用すると良いでしょう。

無料で利用できるのも嬉しいですね。